明日になったら専門家!?地道に調べてライティングしています。

丁寧に抑えておきたい点を基礎知識形式に編集。塩で歯磨き、記事アーカイブ。

管理人とっておきの知識を懇切丁寧に書いている総合情報サイトと言えます。

塩で歯磨き

歯磨きが昔からあったことは前述しましたね。それでは昔の人はどうやって歯磨きをしていたのでしょうか。今のように繊細な歯ブラシがあったのでしょうか。そんなことはありませんよね。古代ローマ帝国の貴族たちは、つまようじのよなもので歯の掃除をしていたと記録されています。細く割った木の枝などです。また、バラを粉末にした歯みがきや、鹿の角、ハツカネズミの頭骨からとれる灰、馬のひずめをつかった薬などで歯のケアをしていたこともわかっています。現代からは考えられないことですね。このようにお口の衛生に関心が高かったのは、糖尿病からくる歯周炎に苦しんでいた貴族が多かったためと言われています。おそらく、運動不足のうえに、毎日ぜいたくな食事をしていたからでしょうね。同じ貴族でも皇帝や皇后など皇室のトップクラスは塩を歯みがき剤として使っていたようです。今でも塩歯磨きは売っていますね、その起源は実はこんなにも古かったのです。今でさえすぐ手に入る塩歯磨きですが、当時は塩一握り毛皮一枚といわれたほど高価で貴重な物質でした。そのため限られたごく一部の人しか使うことができなかったのです。初代ローマ帝国皇帝オクタヴィアヌスのお姉さんが愛用していた塩ハミガキ剤の処方が今も残っています。古代ローマ人にとって、塩はみがきはみんながあこがれるデンタル・ケアだったのでしょう。

Copyright © 歯磨きや歯並びに関するサイト All Rights Reserved.